建設業界トピックス

マンホールカード第4弾が登場!4月3日より

仕事柄国土交通省のホームページは日頃からチェックしていますが、今日はおもしろいお知らせが載っていました。

マンホールはよく観察してみると凝ったデザインのものも多く、地方によって様々なご当地マンホールも存在することから写真に収めるファンの人もいるという話はどこかで見聞きしたことがあります。

それが高じて各地のマンホールがコレクションカードにまでなっていたことは初めて知りました。まだ始まって1年くらいのようですが、今回の第4弾の登場で全国145自治体・170種類にもなったそうです。

パンフレットを見ると鮮やかなフルカラーマンホールがずらりと並んでいて芸術作品のようにも感じられ、収集欲をそそられます。

企画しているのは下水道広報プラットホーム(GKP)。下水道に関する情報の広報や共有活動を通じて人々に下水道の真の価値を知ってもらうことを目指しており、マンホールカードの制作・配布もその取り組みの一つだそうです。

マンホールカードの紹介ページ

他の記事を検索