コラム

不動産の権利関係を確認することの重要性とその方法

不動産取引時には権利関係の確認を

家や土地を買ったりマンションを借りたりと、不動産取引をするときには取引対象の不動産の権利関係をよく調べてみる必要があります。例えば不動産の所有者は誰なのか、抵当権等の担保権が設定されていないか、といったことを調べる必要があります。

建物や土地の真の所有者が誰かということは、その土地や建物を眺めてみてもわかりませんよね。売買であれば売主が「この建物は私のものだから」などと言っていると思いますが、それだけを信用して取引するのは(世知辛いようですが)少々危険と言えます。

また、抵当権が設定されている建物や土地を購入した場合、その後抵当権が実行されるとせっかく手に入れた建物や土地が競売に掛けられてしまいます。

このような危険を避けるために、取引対象の不動産の権利関係をよく調べてみることが大事になってきます。

不動産の権利関係を調べるには?

不動産の権利関係を調べるのが大事であるとわかったところで、ではどのようにしてそれを調べたらよいのでしょうか?

不動産の権利関係は法務局が発行する「登記事項要約書」や「登記事項証明書」を調べることでわかります。

これらの書類には不動産の所有者は誰々であるとか、抵当権等の担保権が設定されていればその旨の記載がされていたりと、不動産の権利関係がわかるようになっています。

「登記事項要約書」や「登記事項証明書」は法務局や登記所の窓口へ出向いて交付請求できるほか、郵送請求やインターネットによるオンライン請求も可能です。特にオンライン請求は手軽であることに加え、手数料も他の請求に比べて割安になるなどメリットが多い方法です。

他の記事を検索