民法改正(債権法)のポイント

民法改正(債権法)のポイント

民法(債権法)改正ポイント解説【第93条】心裡留保

改正民法第93条 1 意思表示は、表意者がその真意ではないことを知ってしたときであっても、そのためにその効力を妨げられない。ただし、相手方がその意思表示が表意者の真意ではないことを知り、又は知ることができたときは、その意 […]

民法改正(債権法)のポイント

民法(債権法)改正ポイント解説【第3条の2】意思能力

改正民法第3条の2 法律行為の当事者が意思表示をした時に意思能力を有しなかったときは、その法律行為は、無効とする。 現行民法 -(新設) 意思表示を欠いた状態でした法律行為は無効とするという規定ですが、現行民法においては […]